Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

巨大かがみもち 大盛況! 参拝客 約291万人 浅草寺2016年1月4日

一覧へ

 JA全中は浅草寺(東京都台東区)で12月30日から1月7日の間、樹脂で作った巨大なかがみもちを、国産農産物の豊穣への願いと魅力を知ってもらうために設置している。

かがみもちと撮影する参拝客が後を絶たない 「あ、大きなミカン!」
 参拝客で賑わう浅草寺の本堂に並ぶ列の中、4mあるかがみもちの一番上のダイダイをみつけた誰かの声が聞こえた。
 昨年12月31日から1月3日までの間に浅草寺に参拝した人数は約291万人。その多くの人々が巨大なかがみもちに驚いたに違いない。
 かがみもちの近くでは、参拝客らが笑顔でかがみもちと記念撮影を行っていた。
 JA全中の広報部担当者は「(かがみもちが)撮影スポットになって、皆さんに楽しんでもらえた。JAに興味をもってもらう意味としては成功したと思う」と話した。
大型ビジョンで放送されたJAグループのCM また浅草寺内に設置された仮設大型ビジョンで、だれにとっても身近な「食」を支えるJAグループの意思を伝えるためにCMを放送している。黄金の穂が頭を垂らし揺れる様子や、美味しそうに米を頬張る若者、太陽の光を浴びて輝く田んぼが「絆の数だけ、未来が生まれる。」のキャッチコピーと共にJAグループをPRした。
(写真)かがみもちと撮影する参拝客が後を絶たない、大型ビジョンで放送されたJAグループのCM

(関連記事)
巨大かがみもち出現! 浅草寺に JA全中 (15.12.21)

年間販売高 平均2億超 ファーマーズ・マーケット 全中調べ (15.12.21)

ネパール地震被害で募金を現地で贈呈-全中の森永副会長ら (15.12.09)

おせち料理は「手作り&購入」で 6割 JA全中の調査 (15.11.27)

地区別JA組合長・会長会議を開催-JA全中 (15.11.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る