JAの活動 ニュース詳細

2016.04.21 
新たな中央会 9月から議論本格化-JA全中一覧へ

 JA全中の比嘉正浩専務理事は4月20日の記者懇談会で、改正農協法で組織移行することになっている新たな中央会体制について、9月からJAグループで検討を始め、議論をふまえて来年3月の通常総会に新中央会の体制・機能などについて一定の姿を提示する考えを示した。

新たな中央会-JA全中 改正農協法の施行によって、全中は平成31年9月までに一般社団法人に組織変更する。また、同時期までに都道府県中央会も連合会に組織変更する。
 比嘉専務は来年3月の全中通常総会で新たな中央会について一定の姿を提示する方針だとして、9月から県中央会と全国機関などで正式に意見交換を開始することを明らかにした。また、昨年も開いたJA組合長会議を今年も11月から年末にかけて全国6ブロックで開催し、新たな中央会のあり方についてJAトップ層の意見を聞いていくという。
 比嘉専務は「全中の姿だけの議論では不十分。県中との役割分担、他の全国機関との関係などを整理しながら議論していく」と話す。
 第27回JA全国大会決議には「JAグループの結集軸としての新たな中央会の構築」が盛り込まれている。
 大会決議では中央会の使命として、協同組合理念を普及し組合員の共通の意思を民主的に結集し徹底するなど、「地域・事業の枠を超えて連帯する結集軸として農業協同組合員運動の発展に貢献する」としている。またJA自己改革の徹底支援も挙げている。
 機能としてはJAグループを代表する機能、JAグループの総合力を発揮するための総合調整機能、JAの組織・事業・経営について協同組合の特質をふまえた相談と支援、の3つを掲げている。
 事業としては▽担い手対応の強化、▽営農・経済事業の改革支援、▽JAの課題解決、積極的事業展開を支える経営相談・監査(県中)、▽協同組合運動の実践に向けた教育、▽組合員・JAが求める農業政策の実現に向けた意見の積み上げと政策提言、▽国民的理解の促進に向けた広報活動、などを挙げている。


◆TPP対策 具体化を

 また、比嘉専務は今国会での成立が見込まれなくなったTPP協定と関連法案について「農業生産者のみなさんにはまだ不安がある。国会議員には徹底した審議をお願いしたい。議論を通じてもっと踏み込んだ情報が明らかになり、それが生産者に伝わっていってほしいと考えている」と述べた。
 一方でTPPの国会審議で、森山農相をはじめ政府は「必要であればさらに政策を検討すると言っている」と指摘、また現行の「食料・農業・農村基本計画」についても食料自給率目標45%などの目標を見直さない方針であることから、「(国内農業生産の拡大と自給率向上を実現するという)その方向をふまえて政策の具体化を。われわれの意見もおおいに聞いて、順次具体化をしていっていただきたい」と政策の早期具体化を求めた。

今日のニュースへ戻る

(JA全中の関連記事)
共同施設と物流 JAの実態を調査-全中 (16.04.21)

JAが全力で被災地域支援-全中がコメント (16.04.19)

熊本地震で全中が対策本部設置 (16.04.15)

組合員視点で改革を-JA全中・奥野会長 (16.04.08)

「くらしの活動」再構築へ JA全中が推進方策 (16.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ