JAの活動 ニュース詳細

2018.01.17 
15高校集めて第1回和牛甲子園を開催 JA全農一覧へ

 JA全農は、1月18日と19日の両日にかけて、「第1回和牛甲子園」を東京食肉市場(品川区・港南)で開催する。

第1回和牛甲子園のポスター 大会は全国の農業高校などで和牛を飼育している高校生と、彼らが育てた和牛を集めて、肉質と日頃の取り組み内容を競い合うもので、今回が初めての開催となる。
 大会の目的は、将来の担い手である高校生に情報交換と同世代の交流の場を提供し、技術の向上と生産意欲を高めるとともに、広く国内肉牛の生産振興に資することにある。
 出品頭数は21頭。審査方法は、出品牛枝肉の肉質評価、取り組み内容を盛り込んだ体験発表会の2点の総合評価で優勝校を決定する。大会後援には、東京都、全国農業高等学校校長協会、全国高等学校農業協会、JA全中、JA全農ミートフーズなど7団体があたっている。参加校は次のとおり。

【参加15校リスト】
▽水沢農業高校(岩手県)
▽遠野緑峰高校(岩手県)
▽矢板高校(栃木県)
▽那須拓陽高校(栃木県)
▽鹿沼南高校(栃木県)
▽宇都宮白楊高校(栃木県)
▽栃木農業高校(栃木県)
▽中央農業高校(富山県)
▽飛騨高山高校(岐阜県)
▽加茂農林高校(岐阜県)
▽相可高校(三重県)
▽出雲農林高校(島根県)
▽唐津南高等学校(佐賀県)
▽鶴翔高等学校(鹿児島県)
▽鹿屋農業高等学校(鹿児島県)

 

(関連記事)
五所川原農林高校の挑戦 日本の農業を世界につなげる(前半)(17.10.31)
農業のあらゆる分野をコーディネートするF-TACへ(17.11.22)
【JA全農畜産生産部-JA全農の若い力】受精卵移植技術を着実に実践(17.09.29)
若い農業者 JAの支援・地域内調整力に期待(17.08.23)
【提言】協同をカタチにする女性の力(16.01.22)
小規模農家が協同の力 直売所を核に〝地産都商〟(15.10.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ