JAの活動 ニュース詳細

2018.03.15 
会長に水野喜徳氏 JA全青協一覧へ

 JA全青協(全国農協青年組織協議会)は3月14日、臨時総会を開き次期会長に現副会長・群馬県農協青年部参与の水野喜徳氏(40)を選んだ。5月23日の通常総会で正式に就任となる。

JA全青協(全国農協青年組織協議会)は3月14日、臨時総会を開き次期会長に現副会長・群馬県農協青年部参与の水野喜徳氏(40)を選んだ。 今回の会長選には水野氏のほか、宮崎県農協青年組織協議会委員長の大山雅行氏(28)が立候補して選挙になり、都道府県代表による選挙で決めた。新会長に選ばれた水野氏は群馬県JAあがつま青年部に所属市、青年部部長、群馬県農協青年部協議会委員長などを経て、平成29年、JAあがつま理事、JA群馬中央会参与等を経て、現在JA全青協副会長。
 会長に選任された水野氏は、「来年度はJA自己改革にとって、もっとも重要な年になる。農業者として、また青年部の盟友としての意識を高め、自己改革に青年部としてもしっかり取り組んでいきたい。ポリシーブックは、作成から、いまは活用の段階にあり、成果が上がるよう力を入れていく。組織面では青年部のないJAを減らすとともに、JAの経営参画の取り組みを進め、農業の展望を切り開きたい。人口が減少するなかで、地域を守るのは我々青年部の世代。農業の基盤は地域にあることを忘れず、地域を守りながら、攻めの農業を展開したい」と抱負を語った。

(写真)次期JA全青協会長に選ばれた水野喜徳氏

 

(関連記事)
【事業承継で農業青年組織トップ座談会】経営者世代から後継者世代へ確実なバトンパスを(前編)(18.03.01)
JA全国青年大会「今こそ協同の力」発揮を(18.03.01)
【インタビュー・全国農協青年組織協議会 飯野芳彦会長】農地を農地として、地域を地域として、次世代に引き継ぐ(18.02.21)
【山崎周二JA全農代表理事専務に聞く】農家手取り確保のため さらなる「自己改革」を(18.02.19)
【寄稿】青年よ 未来を拓く覚悟と根性を持て!【文芸アナリスト・大金義昭 氏】(18.02.14)
最優秀賞にJAみやぎ仙南川崎地区青年部-手づくり看板(18.02.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ