左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業法人への出資 500件突破-アグリビジネス投資育成2018年6月20日

一覧へ

 アグリビジネス投資育成(株)は6月18日、農業法人への出資実績が500件を突破したと発表した。出資を受けた農業法人は平均で1億円の売上げ増となっているという。

 アグリビジネス投資育成はJAグループと日本政策金融公庫の出資で設立され平成14年に業務を開始した。経営規模拡大など意欲ある農業法人の株式の取得・保有によって出資先の自己資本の充実を促進することによって、農業の持続的な発展を支援している。
 同社によると5月末時点で累積出資件数は512件まで拡大した。累積出資金額は83億円となっている。
 出資実績のうち、同社の資本金を活用して自らの勘定で行う自己勘定投資は129件、JAバンクアグリ・エコサポート基金から、アグリシードファンドや担い手経営体応援ファンドなどを使って投資する自己信託投資は383件となっている。
 出資先の農業法人の主要生産品目は野菜が166件ともっとも多く、畜産119件、稲作88件となっている。このうち22年度以降に出資を行った農業法人について出資前と出資後の最新の売上げ高を比較すると、平均で1億100万円(142%)増加したという。
 同社は今後とも農業法人への出資とさまざまな経営サポートによって農業生産の拡大と、所得向上を支援していくとしている。

 

(関連記事)
LPSの農業法人投資先51社に(18.04.16)
【人事異動】アグリビジネス投資育成(株)(18.04.11)
農水省が大学と連携して知財講座を(18.03.30)
モーダルシフトへの転換を 青果物流通高度化で成果発表会(18.03.02)
五所川原農林高校の挑戦 日本の農業を世界につなげる(前半)(17.10.31)
独立新規就農者への助成等29年度事業を実施-農林中金(17.09.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る