JAの活動 ニュース詳細

2018.09.14 
ボランティア農業を視察  人づくり研究会が現地研修一覧へ

 JAの常勤役員らでつくるJA人づくり研究会(代表=今村奈良臣・東京大学名誉教授)は、9月13日、神奈川県JA横浜で第31回の研究会を開いた。約50人が参加し、農家視察や実践発表にもとづく意見交換などを行った。

ボランティア農場に関心 第31回人づくり研究会 研究会は、労働力としてボランティアを受け入れて経営する都筑区の石川照雄さん(62)の農場を視察。定年退職した人を中心とする約50人のボランティアが、約4haの農地で農作業を楽しみながら野菜や果物を作っている。無償だが、直売所や観光農園もあり、ボランティア同士、あるいは市民との交流の場になっており、都市農業の新しいビジネスモデルとして参加者の関心を集めた。
 実践事例では、JAいわて花巻が組合員直営型カントリーエレベーター運営、JA横浜が組合員組織活動、北海道のJAきたみらいが組合員・役職員の学習活動について報告した。特にJA横浜は、中堅職員有志によるプロジェクトの「組合員と組織」の答申内容を報告。このなかで、組合員の部長職への登用などを提案し、論議を呼んだ。(詳細は後日、まとめて掲載します)

(写真)ボランティア農場に関心

 

(関連記事)
地域密着のJAに学ぶ「水と緑と食」のJA愛知東 農協研究会(18.09.10)
【西日本豪雨被災地ルポ】本格復旧はこれから  後片付けに追われる(18.08.28)
【福祉事業部門受賞】高齢者に生き甲斐の場 荻野孝子・JA愛知東 助け合い組織「つくしんぼうの会」会長(18.07.19)
奇を見ず森を見よ(17.12.20)
【座談会】組合員の思い 言葉に、かたちに(3)(17.10.24)
【特集・JAトップ層鼎談】組合員とともに地域に根ざす(17.08.01)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ