Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

令和2年産米「契約栽培米多収コンテスト」を開催 JA全農ひろしま2021年4月9日

一覧へ

JA全農ひろしまは3月30日、令和2年産米「契約栽培米多収コンテスト」の表彰式を広島市の全農ひろしま事務所で開いた。10aあたりの収穫量が最も多い生産者を表彰する「単位収量の部」の最優秀賞にJA広島北部管内の大内春芳氏が受賞した。

受賞した生産者(前列)、JAの代理出席者(前列中央)受賞した生産者(前列)、JAの代理出席者(前列中央)

同コンテストは、全農ひろしまが提案する多収性品種で、業務用需要向け契約栽培に取り組む生産者を対象に、「単位収量の部」「地域基準単収から増収の部」の2部門で構成。コンテストを通じ、多収となる栽培技術の向上と優良な栽培事例の水平展開をめざす。

「単位収量の部」の最優秀賞に輝いたJA広島北部管内の大内氏は「にじのきらめき」で10aあたりの収量は706kgだった。地域の平均単収(令和2年産)と比べ、増収が大きい生産者を表彰する「地域基準単収から増収の部」の最優秀賞には、JA広島市管内の岩重隆弘氏で、「にじのきらめき」の地域の10aあたりの平均単収より263kgの増収だった。

優秀賞はJA広島北部管内の仁伍雅史氏(にじのきらめき、地域平均単収差188kg増)、JA三次管内の農事組合法人田幸西部(にじのきらめき、地域平均単収差178kg増)、JA三次管内の池田徹氏(あきだわら、地域平均単収差143kg増)となった。

「地域基準単収から増収の部」最優秀賞の岩重氏は、「広島県でできたものを広島県で食べてほしいという気持ちで作っているので、来年度も引き続き多収となるよう取り組みたい」と次年度の抱負を話した。

全農ひろしまの水永祐治県本部長は「JAグループ広島は、販売先の確保や多収実現のための栽培技術面のフォロー、種子の安定供給体制構築など、JAや関係機関と連携し、取り組みの強化を進めていく」と話した。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る