Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA稲作担当営農指導員大会を開催 JA全農あきた2021年6月18日

一覧へ

JA全農あきたは6月9日、全県JA稲作担当営農指導員大会を開催。県内JAの稲作担当指導員や関係団体職員らが参加した。

JA稲作担当営農指導員大会の様子JA稲作担当営農指導員大会の様子

この大会は、同県の稲作生産者の営農を支援し、JA営農指導員のさらなる栽培技術力向上を図るとともに、生産者の営農安定、手取り最大化の実現と秋田米シェアの拡大・系統集荷結集に資することを目的に開かれ、今年度で3回目となる。

会場では、JA全農あきた米穀部の児玉徹参与が「温暖化時代を生き抜く稲づくり」について講演を行ったほか、秋田県農業試験場の担当者が「食味官能評価について」と「秋田県における水稲病害の発生生態と防除について」をテーマに講演した。

また、秋田県農林水産部が秋田米新品種「サキホコレ」の今後のブランド戦略について説明。今年7月に都内と秋田市でロゴマーク・キャッチフレーズの発表を行い、11月には県内外で先行販売イベントやPRキャンペーンを予定していると話した。

このほか、「あきたこまち」を基準米に、秋田米3銘柄「ひとめぼれ」「サキホコレ」「つぶぞろい」の食味官能試験も行った。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る