Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「寛斎」がデザイン担当 JA全農「ニッポンエール」ご当地グミ新発売2021年9月28日

一覧へ

JA全農のオリジナルブランド「ニッポンエール」のご当地グミが9月27日に発売。「デザインのちからで世界を元気にしたい」をコンセプトに活動する寛斎スーパースタジオがブランド開発とパッケージデザインを担当した。

「寛斎」がデザイン担当 JA全農「ニッポンエール」ご当地グミ新発売

「ニッポンエール」は、メイドインニッポンの良さと価値を見直し、国産農畜産物の消費を通して、日本を元気に、豊かにするため始まったJA全農のオリジナルブランド。「日本全国47都道府県から届けられる日本産のたべものに、そしてにっぽんに、ここからエールをおくろう。」をコンセプトに商品が開発されている。今回発売されるご当地グミ28種は、新しい品種や日頃食べる機会が少なくなじみのない果実など、21都道県各地の特色ある果実を使用している。

パッケージをデザインした寛斎スーパースタジオは、デザイナー・プロデューサーの山本寛斎氏が1973年に設立。さまざまな業界の課題解決で培ってきたデザインやアイデアのちからを活かしながら、ファッションにとどまらない「衣・食・住・遊」の分野で企画、開発、ブランディングなどを行っている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る