2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

中学生カーリング初の日本一は「チームいわてCA」次世代カーラーを「ニッポンの食」で応援 JA全農2022年8月8日

一覧へ

中学生カーリングの日本一を決める「第1回 全農 全日本中学生カーリング選手権大会」が8月6日と7日、新潟県新潟市のMGC三菱ガス化学アイスアリーナで開かれ、「いわてCA」が優勝。初の中学生カーリング日本一に輝いた。

中学生カーリング初の日本一は「チームいわてCA」次世代カーラーを「ニッポンの食」で応援 JA全農

第1回目の開催となる今大会には、全国各地から計8チーム約40人の中学生選手が出場。中学生カーリング日本一をめざし、全16試合の熱戦を繰り広げた。決勝戦は、「青森CA」と「いわてCA」が対戦。両チームとも気迫のプレーが続く中、 第1エンド、第2エンドで5点を奪った「いわてCA」が10-1で勝った。

中学生初の日本一になった優勝チームの「いわてCA」中学生初の日本一になった優勝チームの「いわてCA」

表彰式では、同大会に特別協賛するJA全農の全農新潟県本部の安藤稔本部長から、優勝したいわてCAと2位の青森CA、3位のチーム御代田(長野県)に、副賞として新潟県産米「新之助」と新潟県産「にいがた和牛もも焼肉用」を贈られた。

開会式前には山本冴選手(世界ジュニアカーリング選手権2022女子優勝チームスキップ)を講師に迎え、日常と大会期間中の食事内容や、トレーニングなどについて、自身の体験に基づいてオンライン講習会を実施。講習会に参加した選手は、山本選手からの激励メッセージを熱心に聞き入っていた。また、ロコ・ソラーレ、中部電力などから出場選手へ応援メッセージ動画も放映し、大会に臨む出場選手を激励した。

大会期間中は、全農が選手控室に「もぐもぐブース」を設置。出場選手の試合前後でのエネルギー補給用の食材を提供し、出場選手と大会を「ニッポンの食」で応援した。「もぐもぐブース」では運動前後に摂取するとよい栄養素が含まれる食材を紹介するパネルを掲出。試合の合間には、パネルを参考にしながら食材を真剣に選ぶ選手の姿が見られた。

決勝戦の模様はYouTubeチャンネル「日刊スポーツ」で後日配信される。

決勝戦の模様決勝戦の模様

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る