秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「セブンプレミアム 宮崎県産日向夏サワー」中国・四国・九州で30日から順次発売 JA全農2022年11月28日

一覧へ

JA全農は、セブン&アイ・ホールディングスとJA宮崎経済連、宮崎県農協果汁と「セブンプレミアム 宮崎県産日向夏サワー 400ml」を共同開発。11月30日から中国・四国・九州エリアを中心としたセブンイレブンの約4000店など、セブン&アイグループの店舗で順次発売する。

セブンプレミアム 宮崎県産日向夏 サワーセブンプレミアム 宮崎県産日向夏 サワー

日向夏は、1820年頃、現在の宮崎市の民家で発見された1本の木がルーツと言われ、いまや宮崎を代表する特産果実となった。表皮と果肉の間にある真っ白なドレス(白皮)にほのかな甘みがあり、白皮を残して表皮をむき、果肉と一緒に食べることで、ほかの柑橘類にはない爽やかな香りと白皮の甘み、果肉の酸味の調和を楽しめる。

新商品は、果皮表面の病害虫による障害やキズの度合いなどによって生果販売に適さない日向夏を加工用として使うことで、生産者の所得向上をめざしている。JA全農は、日向夏の良さを引き出したサワーとして商品化するため、セブン&アイ・ホールディングス社と協議の上、白皮の部分も丸ごと絞った日向夏果汁を10%使い、日向夏の特徴である爽やかな香りとやさしい甘さを活かした味わいに仕上げた。また、香料を使用せず、日向夏本来のあじわいを引き出している。

こうした生果販売に適さない果実を商品化し、有効利用する取り組みは、SDGsの「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「12:つくる責任つかう責任」「15:陸の豊かさも守ろう」につながる。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る