JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2019.04.07 
【ヒント&ピント】伝えよう!JAの自己改革9一覧へ

 4月は新年度だが、JAの広報誌は締め切りの都合で入組式や新入職員の紹介などは5月号に回さざるを得ず、紙面上からも担当者の苦労がうかがえる。3月7日のJA全国大会も終わり、心なしか「JA自己改革」の企画も少ないように感じる。そのなかで、JA改革に絡めた組合員の声を紹介した広報誌を拾った。

「徹底した話し合い」から

 

◆組合員組織代表の声を
・JA夢みなみの「夢みなみ」
・JA夢みなみの「夢みなみ」 福島県のJA夢みなみは発足して3年。これを契機に特集で「教えて!組合員がJAに求めること」のタイトルで、各組合員組織の会長や部会長にJAに期待することや要望を聞いている。JA自己改革は組合員との積極的な対話を促している。広域合併して日の浅いJAにとって、これまで知らなかった地域の組合員代表の登場は、新JAの統一感を育てるのに効果的だといえる。

 

 

◆営農支援の意見を紹介
・JAあいち知多の「あぐりっ子」
・JAあいち知多の「あぐりっ子」 JAあいち知多は,昨年4月からJA改革で実施している「農業チャレンジサポート事業」を紹介。農業経営の規模拡大、高品質化、省力化など意欲のある担い手農家のチャレンジを支援しようというもので、その実績とともに、利用者の意見を掲載している。31年度は家畜伝染病の防疫や親元就労や研修生の受け入れ農家への支援なども盛り込んである。

 

 

◆メリハリつけて紹介を
・JAうつのみやの「アグリジャンプ」
・JAうつのみやの「アグリジャンプ」 年度末で、多くのJAの広報誌は組合員集会や集落座談会などで出た意見を紹介している。特に30年度は、今年度に続くJA自己改革の「山場」で、組合員の声は重要だ。JAうつのみやは組合員総集会の報告として紹介しているが、とかく総務、信用・共済の順で掲載するところが多い中で、「営農」から始めていることはよい。ただ、何が最も問題だったか、見出しをしっかり立てて、メリハリをつけたい。

 

 

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ