想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JA緊急アンケート

まず組合員・地域住民の命【コロナ対策に学ぶ(1)】2020年8月24日

一覧へ

(一社)農協協会が7月中旬に実施した「新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート」の回答193農協分(全国584総合農協の33%)について、「今後の農協の取り組みにどう生かすか」の視点で、アンケートの分析をお願いしたJA十和田おいらせ(青森県)の理事・小林光浩氏に、改めて詳しく分析・提案してもらった。(9回連載)

JAの総会・集落座談会等の対応

まず組合員・地域住民の命

新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケートでは、総会・集落座談会・生産部会での対応について調査した。結果は「書面決議に変更した」77.9%、「延期あるいは中止」52.6%と、多くの農協が会合等への出席による感染拡大の防止に努めた。

また組合員活動での対応(青年・女性組織、各種セミナー、研修等)では、「延期あるいは中止」が96.9%と、ほとんどの農協が組合員活動の自粛に務めたことになる。さらに、信用・共済の推進では、「訪問回数を減らした」52.4%、「電話等で対応している」48.2%、「ほとんどできなくなった」23.6%と、多くの農協で訪問推進を自粛した。

このことは農協の組織・事業活動よりも基本姿勢である「組合員を守る」「地域に貢献する」ために集団感染防止を優先した結果であると思われる。人を中心とした協同組合のあり方として、高く評価されるべきことである。

新型コロナウイルス感染症による死者は、2020年8月5日、世界全体で70万人を超え、わずか7か月余りでエイズの年間死者数69万人を上回ったと言うニュースは衝撃的であった。ちなみに、2018年の三大感染症の死者は、1位が結核150万人、2位がエイズ69万人、3位がマラリア40万人。今も1~3日で1万人増える状態が続いており、被害拡大の勢いは衰えていない。

ワクチンがない現在での新型コロナウイルス感染症は、驚異的な感染力と、死亡者の多さが、人の命に係わる感染症である、と言う認識を持つ必要があることを教える。従って、厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の予防として、「一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要」「風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず外出される場合にはマスクを着用」「集団感染の共通点である(1)換気が悪く、(2)人が密に集まって過ごすような空間、(3)不特定多数の人が接触するおそれが高い場所を避ける」等の指導を徹底している。
  
協同組合としての基本姿勢である「組合員を守る」「地域に貢献する」ために集団感染防止を優先する事は重要である。しかし、感染が長期化する中では、「組合員の暮らしを守る」協同組合活動、協同組合事業を実践しなければならない。

そして、それら協同組合活動での最も重要なことは、組合員とのコミュニケーションを確立する事である。発症当初は、緊急事態時の接触を避ける取り組みを最優先した事は評価された。しかし、「部会や集落座談会が中止になり、また職員の訪問がなく、農協の情報が入らない」39.8%のアンケート結果があった事も事実である。

これからは、「集団感染を防止しながら農協と組合員、組合員間のコミュニケーション強化」をするための新たな仕組みを確立する事が重要である。このことは、あらゆる場所・機会での広報紙・連絡板などの紙面を使った連絡方法や電話・FAXを活用した連絡方法、メールやSNS等のITを活用した連絡方法など、新たなコミュニケーション強化の仕組みづくりと、その活用化・定着化が求められる。
その際に留意しなければならないのは、農協側からの一方通行とならないことで、双方向の連絡ができる仕組みをつくり上げることである。

まず組合員・地域住民の命【コロナ対策に学ぶ(1)】

安全・安心な食料生産へ【コロナ対策に学ぶ(2)】

求められる営農支援【コロナ対策に学ぶ(3)】

コンビニ機能店舗を【コロナ対策に学ぶ(4)】

農協業務のデジタル化を急げ【コロナ対策に学ぶ(5)】

農協の医療・福祉事業の維持を【コロナ対策に学ぶ(6)】

真の農政活動の確立を【コロナ対策に学ぶ(7)】

(関連記事)
JA緊急アンケート

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る