想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】全森連が林農水相に申し入れ2013年4月27日

一覧へ

 全国森林組合連合会の佐藤重芳代表理事会長は4月19日、政府の「TPP交渉参加に対する決議」書を林芳正農林水産大臣へ渡し、国益を第一に、撤退を含む明確な方針を持って交渉に臨むよう訴えた。

nous1304270601.JPG 全森連は、決議書の中で、「戦後営々と育て上げてきた森林から生産された木材は、市場価値が暴落し、その管理すら放棄せざるを得ない状況」であること、「同組合の160万組合員は戦後疲弊した日本の森林を再生し、林業および山村地域の経済、雇用を協同の力で守りながら、林産物の供給、水源の保全、国土の安全、地球温暖化防止といった多方面機能を国民に提供してきた」ことを強調した。
 全森連はTPP交渉参加が日本の森林、林業のこれ以上の崩壊の引き金を引くことにならないよう、地球温暖化対策や木材自給率向上のための、森林整備に不可欠な合板、製材の関税維持に最大限配慮し、守るべき国益を第一に撤退を含む明確な方針をもって交渉に臨み、十分な情報を国民に提示するよう強く求めた。

(写真)
佐藤・全森連会長(左)と林農水相


(関連記事)

【TPP】米国政府、日本参加を議会に通知(2013.04.25)

【TPP】国民が納得できる交渉を 萬歳全中会長(2013.04.24)

【TPP】断固反対を粘り強く展開 JA全中(2013.04.09)

【TPPで農業はどうなる?】TPPと北海道農業と日本の食料のゆくえ(2013.03.29)

【特別インタビュー】作家・森久美子さん(食料・農業・農村政策審議会企画部会委員) (13.03.29)

【緊急インタビュー】安倍首相・TPP参加表明 国民の生活が幸せになるのか?  鈴木宣弘・東大教授 (13.03.21)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る