想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】決議ふまえ全力尽くす 林農相2013年7月23日

一覧へ

 マレーシアのコタキナバルで行われているTPP交渉に日本の参加が認められる見通しになっている。7月23日、林芳正農相は定例会見で衆参農林水産委員会や自民党の決議をふまえて重要5品目を関税撤廃の例外とするなど、国益を守り抜くために全力を尽くすと強調した。

 林農相は「これまでもTPP交渉については、わが国として守るべきものは守り、攻めるべきもの攻めるということによって国益を最大限実現するという基本的姿勢を明らかにしてきた。正式に今日、交渉参加することになったのでしっかりと対応していきたい」、「(参院選で)公約にも掲げて戦ってきた。さらに気を引き締めてがんばっていかなければならない」などと述べたほか、「それぞれの会合について個別にどう対応するのか、(交渉)方針は答えることはできないが、重要5品目の聖域の確保については、衆参両院の農林水産委員会、自民党の決議をふまえて国益を守り抜くため全力を尽くす」と強調した。
 また、日本が農産物の重要5品目を関税撤廃の除外とするなどを求めた国会決議を交渉参加国について説明するかとの問いに対しては、「参院では英訳をして米国や豪州などに送付している。相手もご存じではないか」と答えた。
 さらに、重要5品目の考え方について「たしかに5品目のなかでも米は生産額が大きくわれわれの試算でも影響がもっとも大きい」としながらも「しかし、決議は5品目とも重要品目ということ。決議にもとづいてしっかり対応していく」と繰り返し強調した。
 23日は交渉参加手続きが完了し次第、TPP政府対策本部長の甘利明経済再生担当大臣に現地から報告が入る。これを受けて甘利大臣が記者会見することになっている。


(関連記事)

安倍総理、経済政策を優先 記者会見で強調 (13.07.22)

関税撤廃、大都市圏も影響甚大 TPP試算 (2013.07.19)

TPPや都市農業で要請 新世紀JA研究会(2013.07.12)

GDP1兆3000億円減 鈴木教授のTPP影響試算(2013.06.19)

孫崎享氏「TPP参加に歯止めを」 農協研究会(2013.06.10)

【TPP】農業・食品の除外こそ国益 鈴木教授(2013.05.24)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る