農政 ニュース詳細

2013.08.27 
「農の雇用事業」参加者募集一覧へ

 農水省は、農業法人等の職員などを次世代の経営者として育成するための現場実践研修に対して助成する「農の雇用事業(次世代経営者育成派遣事業)」の参加者を募集している。先進的な農業法人や異業種の法人でのOJT研修などを支援する。

 応募に必要な要件は、派遣元農業法人の場合は、おおむね年間を通じて農業を営む事業体(農業法人、家族経営体、農業サービス事業体など)であること。受入法人は、次世代の経営者になるために必要な経営力等を習得させるための実践的な研修ができること。派遣職員は、派遣元農業法人等の役員ならびに正社員等(代表者は除く)、または家族経営の後継者ですでに就農し、経営に参画していることなどとなっている。
 支援単価は月最大10万円で、支援機関は3カ月から2年。8月22日から毎月募集する。
 問い合わせは各都道府県農業会議、または全国農業会議所・全国新規就農相談センター(TEL:03-6910-1126)まで。


(関連記事)

新規就農者、39歳以下が増加 農水省(2013.07.30)

青年就農給付金、24年度は6815人(2013.07.08)

1経営体の面積拡大 法人組織増える 農水省(2013.07.01)

家族経営協定締結農家は5万戸に(2012.07.30)

1057農業法人に新規就農研修費を助成 -農の雇用事業(2009.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ