Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

若手農業者、TPP抗議の座り込み2013年12月2日

一覧へ

 全国農協青年組織協議会(JA全青協)を中心とする若手農業者たち150人が、12月2日午後5時から、衆議院第2議員会館前でTPP(環太平洋連携協定)交渉への反対を訴え座り込みを行った。

「こころをひとつに」徹底した運動を訴える山下会長(右) TPP交渉は12月7日からシンガポールで、年内最後の閣僚会合が開かれる。
 JA全青協では2010年に菅直人首相(当時)が突如としてTPP参加をめざすと表明してから、一貫して参加反対を訴えてきた。このシンガポール会合は、年内妥結に向けて大きなヤマ場になると見られており、この会合を前に改めて抗議の姿勢を表したものだ。
 JA全青協の山下秀俊会長は、「なし崩し的に交渉がすすめられるのでは、という不安がある。次世代のために、食と暮らしと命を守るため、全国盟友の心をひとつにして徹底的に最後まで運動しよう」と呼びかけた。
国会前でシュプレヒコールをあげる全国の盟友ら。 そのほか、「多くの日本人の食と命を守ってきたのはわれわれ農業者だ。政府はわれわれの思いに耳を傾けてほしい」(黒田栄継・北海道農協青年部協議会会長)、「重要5品目は必ず守るという約束を必ず守ってほしい。1mmも負けない交渉をしてほしい」(高塚光春・鳥取県農協青壮年連盟委員長)など、JA全青協理事や各地域の委員長が決意を訴えたほか、国会議員らが応援のメッセージを送るなどした。
 JAグループをはじめとする関係団体は12月3日正午から東京の日比谷野外音楽堂で「TPP決議の実現を求める国民集会」を開く。

(写真)
上:「こころをひとつに」徹底した運動を訴える山下会長(右)
下:国会前でシュプレヒコールをあげる全国の盟友ら。


(関連記事)

12月3日、TPP決議の実現を求める国民集会(2013.11.25)

JA全青協が農水省と意見交換(2013.10.31)

JA全青協と国会議員 日本農業の行く末を討論(13.10.30)

経営所得安定対策の見直しを議論 自民党 (13.10.29)

全青協、女性協が街宣 「TPPを知ってほしい」(2013.10.01)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る