農政 ニュース詳細

2014.03.25 
26日から日米協議 TPP交渉一覧へ

 内閣官房は3月25日、TPP交渉に関する米国との協議を事務レベルで26日から行うことを公表した。

 内閣官房によると3月27日と28日に米国ワシントンDCで大江首席交渉官代理とカトラー米国USTR次席代表代行が日米間のマーケットアクセス交渉を継続するための協議を行う。
 また、日米の交渉チームによる実務レベルのマーケットアクセス交渉は26日から数日間行われるという。
 さらに3月31日と4月1日には、ワシントンDCで自動車貿易を含む日米並行交渉が外務省の森経済外交担当大使とカトラー次席代表代行との間で行われる。
 内閣官房TPP対策本部は「これらの交渉はTPP交渉における日米間のギャップを埋める努力をするという甘利大臣とフロマンUSTR代表の合意を受け」、農産物と自動車分野に焦点を当てて行われるとしている。

(関連記事)

【TPP交渉とこれからの日本農業】多国籍企業と諸国民が対立(田代洋一・大妻女子大学教授)(2014.03.10)

TPPには無理がある(2014.03.10)

TPP即時撤退求め集会 全国156団体が賛同(2013.12.09)

なし崩し的譲歩許さん! TPP集会に3500人(2013.12.06)

若手農業者、TPP抗議の座り込み(2013.12.02)


一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ