農政 ニュース詳細

2015.04.30 
TPP阻止 国会前で抗議行動 市民・農民団体が連日一覧へ

 TPPを巡る日米協議の決着が懸念されるなかで、国会前では、TPP交渉に反対する市民や農民団体の抗議行動が続いている。

国会前では2日連続で市民が集会を開いた 23日の「食料と国民の健康を守る会」の集会に続き、24日には生活クラブ連合会、TPPに反対する人々の運動、置賜百姓交流会などの主催する緊急座り込み行動に約500人が参加した。
 北海道で養鶏を営む女性(40)は、食品に米国の安全基準が適用されると生卵が食べられなくなるのではと危惧。「TPPよりTKG(卵かけごはん)を」と、日本の伝統食の危機を訴えた。
 また山形県の置賜地方で、「置賜自給圏」づくりに取り組んでいる米農家(60)は「生ごみたい肥の利用など、地域循環型社会実現を目指しているが、TPPはそのような地域づくりも破壊しようとしている」と、ただちにTPP交渉から撤退するよう主張した。
 これから、5月開催予定の12か国閣僚会議に向けて交渉が加速するなかで、さまざまな抗議行動が予定されている。

(写真)国会前では2日連続で市民が集会を開いた

 

(関連記事)

【TPP】首席交渉官会合 知的財産権で対立 (2015.04.28)

【TPP】29章中、10章で交渉終了 (15.04.28)

【TPP】日米協議、事務レベル折衝を継続 (15.04.21)

日米TPP閣僚会議開始 (15.04.20)

【TPP】粘り強く分析と運動 市民レベルで勉強会 (2015.04.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ