農政 ニュース詳細

2015.07.09 
ミラノ博で「和食は世界の未来食」発信-農水省一覧へ

 イタリア・ミラノで開かれている「食」をテーマにしたミラノ万博で、日本は「和食は世界の未来食」の発信に力を入れる。里山や水田を基盤にした持続的な農業や、「うまみ」や発酵などに着目した和食には、世界が抱える食と農の問題を解決する知恵と技術がある。これを日本国内でも再認識し次世代に日本食文化を伝えることが大切になっているとして、農林水産省は各地でイベントを開催していく。その第1回が6月に東京都内で開かれた。

 6月27日に開かれたシンポジウムのテーマは「世界に拓かれた和食」。基調講演をミラノ万博日本館の展示設計に参加した京都造形芸術大学教授の竹村真一氏が行った。 日本は人口減少社会となったが、世界全体では年に8000万人の増加、1日あたり22万人増えている。
 竹村教授はこうした事実を改めて紹介し「食と農の問題は今われわれの足下にある。地球を養って人を元気にするため量と質の両方から食を再設計することが迫られている」として、日本の食と農には「未来の地球食のOS(オペレーションシステム)がたくさんつまっている」と強調した。
 たとえば水田農業は米1粒を2000粒にして多くの人へ食料を供給するが、連作障害もなく持続可能で、さらに水田の保水機能は緩やかな水の流れをもたらして生物多様性を生み出すことに貢献してきた。
 また、和食の特徴のひとつ「発酵」はビタミンやミネラルなどを何倍にも増やし食材の「質」を上げている技術だ。また出汁に含まれる「うま味」(グルタミン酸)は少量の食材でも人に満足感を与えることが海外の研究でも明らかにされている。鰹節づくりなど出汁をとるための加工には時間と手間はかかるものの、料理の際には短時間でおいしい"ブイヨン"が得られる。竹村教授はこれを「ファストなスローフード」と評する。
 そのほか、「旬」の食材を大切にするのは「地球のリズムとシンクロする生き方」と考えるべきで、農協などの「協同組合」が小規模な家族農業の自立ネットワークとしてアジアに存在することも重要だという。
 このように「人を良くする食、地球を良くする農」の知恵が日本の農業と和食にはあるとして竹村教授は「過去からの単なる継承ではなく未来をつくるための和食という視点が必要。地球価値創造のための平和の武器としての日本の農と食だと思う」と強調した。
 パネルディスカッションにはJA全中の大西茂志常務も出席。「日本の食と農のベースには人と人が助け合うという文化、がある」などと話し、JAグループのミラノ万博への協賛内容などを紹介した。
 JAグループは7月11日からのミラノ万博のジャパンデーのレセプションに国産食材や料理を提供するほか、パレードにJAグループ福島が参加、ほかに輸出拡大の商談会、や世界の協同組合との連携強化をテーマしたシンポジウムなども開催する。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ