左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

労働法務の相談 31%増 JC総研2015年11月5日

一覧へ

 JC総研は10月28日、平成27年度上半期「労働法務に関する相談」ついてまとめ公表した。相談件数は273件で前年度より31%増加した。

 JC総研は法務問題と人事管理の実務に関する各種相談事業の1つとして、「労働法務に関する相談」でJAや中央会等からの電話等での相談に対応している。

相談項目別件数

 相談項目別件数は上記の図の通り。
 相談内容は、労働時間適正管理方法や時間外労働などの割増賃金支払上の留意事項等で、監督官庁が重点課題として取り組んでいる労働基準法の順守に関することについては引き続き相談が寄せられている。
 メンタルヘルス関連の相談は、JAにおける安全衛生・健康管理にとって大きな問題で、内容としては休職後の職場復帰での法的留意点などが中心となっている。またその他では、就業規則や募集採用等に関して、相談があった。
 上半期の相談件数の大幅な増加は、平成27年12月1日に施行される改正労働安全衛生法のストレスチェック制度の実施、27年9月30日に施行された改正労働者派遣法等の法改正事項への対応が原因。

(関連記事)
20日に公開研究会 JC総研 (15.06.03)

「地方自治と協同組合」 JC総研公開研究会 (15.05.08)

相談件数は前年度17.4%減 JC総研 (2015.04.20)

地方自治体と協同組合 地域活性化は二人三脚で JC総研公開研究会 (2015.04.06)

根強い精肉の国産志向-消費動向調査 JC総研 (2015.03.27)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る