JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

米国が牛肉SG見直しに言及-ハガティ駐日大使2017年9月13日

一覧へ

 ハガティ駐日米国大使が9月12日、齋藤農相を表敬訪問した。会談後、ハガティ大使は冷凍牛肉のセーフガード発動措置をはじめ日米間の農産物貿易について今後とも幅広く協議していくことで合意したと話した。

ハガティ駐日米国大使が齋藤農相を表敬訪問(写真)齋藤農相を表敬訪問したハガティ駐日米国大使(左側、手前から2人目)

 

 齋藤農相は、ハリケーンによる被害を見舞うとともに農産物への被害も大きかった被災地の一日も早い復旧、復興を願うなどと述べた。
 そのうえで、「米国はわが国にとって長年の農産物の安定供給国であり、友好的な農産物貿易の維持発展に向けて協力していきたい」と話した。
 ハガティ大使は、フロリダ、テキサス、ルイジアナなどは農業地帯であり被害も大きかったことなどに触れ、「このようなときこそ日米両国の絆が再確認されるときだと考えた」などと話した。
 会談後、ハガティ大使は記者団に対し「冷凍牛肉のセーフガード発動の問題についても率直に議論した。今後協力できる幅広い分野に関して引き続き話し合いを継続することに合意した」などと述べ、牛肉セーフガード措置について見直しを含めて協議を求めていく姿勢を示した。

(関連記事)


牛肉セーフガード 14年ぶり発動-農水省(17.07.31)


日米牛肉交渉の本気度(17.04.24)


タイ向け牛肉輸出の月齢制限撤廃 農水省(16.10.03)


牛肉製品のおみやげ ブラジルへの持ち込み可能に-農水省(16.07.13)


イタリア産牛肉の輸入を再開(16.05.09)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る