農政 ニュース詳細

2018.03.28 
農道の総延長距離17万km強へ一覧へ

・舗装率は36.2%。29年の整備状況調査

 農林水産省は3月27日、平成29年の農道整備状況の調査結果を発表した。

 それによると、わが国の農道の総延長距離(昨年8月1日現在)は17万3367kmとなり、そのうち舗装済みの総延長距離は6万2691km(舗装率36.2%)だった。また総延長距離を幅員別にみると、幅員1.8~4.0mが9万6725km、幅員4.0m以上が7万6642kmとなっている。
 農道とは土地改良法にもとづく土地改良事業で造成され「農道」として農道台帳で管理されている幅員1.8m以上の道路のこと。ただし農道として造成された道路でも、すでに都道府県道路や市町村道路に認定されているものは含まない。
 調査は、昨年11月から12月にかけて、全国の市町村1737件を対象に各地方農政局などから郵送で調査票を送り、政府統計共同利用オンライン調査システムで回収。回収率は100%だった。この調査結果は農業農村整備の推進と地方交付税の算定資料しても活用される。

農道の総延長距離及び舗装率

 

(関連記事)
「地域」をブランドに 自然条件活かし少量多品目産地化【JA信州うえだ(長野県)】(後半)(17.11.09)
農地集積 伸び鈍化-農地中間管理機構(17.05.25)
農業競争力強化支援法案を斬る(17.02.20)
合併し組合員と会話保つ:JAふくしま未来代表理事組合長 菅野孝志氏(17.02.12)
農業者同意なく基盤整備可能に(17.02.09)
JAが全力で被災地域支援-全中がコメント(16.04.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ