農政 ニュース詳細

2018.10.11 
トマトの日に小学校で山陰初の食育授業 タキイ種苗一覧へ

 タキイ種苗はトマトの日に当たる10月10日、島根県雲南市立海潮小学校でトマトの食育授業を実施した。

トマトの日に当たる10月10日、島根県雲南市立海潮小学校でタキイ種苗が実施したトマトの食育授業 タキイ種苗はトマトの日に当たる10月10日9時35分から、島根県雲南市立海潮小学校の5・6年生27名を対象に、食育授業「桃太郎トマトの学校」を開催した。
 同学校は、子どもたちの野菜への関心を高め、摂取量を増やし、健康増進を図るため、子供に一番人気の野菜「トマト」の地元産を使って栄養価、農作物の原点である「タネの交配・育種」、食生活、食の基礎知識について学び考える機会を提供し、トマト牛丼の調理と試食を通じてトマトの魅力を実感してもらう食育の授業だ。
 座学の講師は、同社広報出版部の桐野直樹氏、調理実習の講師は、料理研究家の本居佐知子氏が務めた。
 同社では、2013年から全国各地の小学校15校で実施し、約600人が受講してきたが、山陰地方での開催は今回が初めて。

トマトの日に当たる10月10日、島根県雲南市立海潮小学校でタキイ種苗が実施したトマトの食育授業トマトの日に当たる10月10日、島根県雲南市立海潮小学校でタキイ種苗が実施したトマトの食育授業

 
 子供たちからは、「トマトは嫌いだったけど、苦手な理由だった『酸っぱい』が抑えられていたトマトだったので、全て食べられることができて良かった。今度からはトマトを食べてみようと思う。」(5年生男子)、「トマトを切っただけなのに、こんなに甘いとは思わなかった。何個でも食べられるトマトだと思った」(5年生女子)、「トマトの事を改めて知ることができて、すごく勉強になったし、トマトって(いろんな成分が入っていて)すごいなーと思った。これからもトマトをもっと知っていきたいと思った」(6年生女子)「桃太郎トマトは後味がすごく良かった」(5年生男子)、「今日の授業は交配など、知らないことがたくさんあって、勉強になった。料理もできて面白かった。トマトがもっと好きになると思う」(6年生女子)などの感想が聞かれた。

 

(関連記事)
トマトに関する意識調査を実施 タキイ種苗(18.10.04)
ラディッシュの新品種「ニューコメット」発売 タキイ種苗(18.09.14)
アクが少ないホウレンソウ新品種「冬ごのみ」発売 タキイ種苗(18.09.14)
ダイコン新品種「冬神楽」発売 タキイ種苗(18.08.06)
約700名が参加 タキイ種苗が夏期研修会(18.07.03)
【ブックガイド】現代社会と協同組合に関する12章(著者:北出俊昭)(18.07.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ