農政 ニュース詳細

2018.11.05 
畑作・茶・養豚が増収増益 日本公庫一覧へ

 日本公庫農林水産事業は11月2日、対象5467先の農業者の決算データを基に、「平成29年農業経営動向分析結果」をまとめた。

◆【耕種】北海道畑作が台風被害から回復

 北海道畑作は、台風の影響により平成28年の売り上げ・利益が減少していたが、生産量や販売価格が回復し個人・法人ともに増収増益となった。
 茶は、長らく販売価格が低迷していたが、需給バランスが改善され販売単価が上昇し、前年に引き続き29年も増益増収となり、2年連続で好調を維持している。
 経営者数が最も多い稲作は、29年の作況指数が「100」と平年並みで個人・法人ともに前年並みとなった。

 

◆【畜産】豚肉販売価格が前年上回り、増収増益

 養豚は29年の豚肉販売価格が前年を上回る価格で推移し、個人・法人ともに1割弱の増収、3割以上の増益となった。
 酪農は個人では、北海道が総合乳価が微増に止まったことで売り上げ・利益は前年並み、都府県は初妊牛価格高騰などの費用増加により減益となった。法人でも、総合乳価が微増に止まったことで売り上げは前年並み、都府県の利益については初妊牛価格高騰などの費用増加により減益となった。
 肉用牛肥育は個人法人ともに平成29年の牛肉販売価格が高止まりし売り上げは前年並み、前年は棚卸高上昇により増益だったが29年は大幅な動きがなく、素牛価格も落ち着いたことから個人・法人ともに減益となった。

 

(関連記事)
ミカン、リンゴなどの栽培面積減る(18.10.18)
日本茶の初代Tea Ambassador決定 お茶協会(18.10.09)
農業景況DI大幅下落 設備投資は過去最高(18.09.26)
概算要求2兆7269億円-31年度農林水産予算(18.08.31)
販売品取扱高 2年連続で拡大-JA自己改革(18.08.08)
九州北部豪雨 被災地・あさくら支援でフェアーJAグループと高島屋(18.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ