農政 ニュース詳細

2018.11.19 
農業気象データ利用でシンポ 農研機構一覧へ

 農研機構は11月29日、北海道農業研究センターで「農研機構メッシュ農業気象データおよび同データを利用した牧草播種晩限日計算プログラム」を紹介し、情報交換をするシンポを開催する。

 農研機構はアメダスデータの代わりに農研機構メッシュ農業気象データを利用した牧草播種晩限日計算プログラムを開発した。このプログラムは北海道内における1㎞四方ごとの気象データを用いると、求める地点の牧草播種の晩限日を正確に計算することができる。
 このシンポでは、同プログラムについて生産者、生産者団体、行政・普及機関関係者、関連企業、試験研究機関関係者などを対象に情報交換をする。

日時:11月29日(木)9:00~12:00
場所:農研機構北海道農業研究センター大会議室(北海道札幌市豊平区羊ケ丘)
参加費:無料
定員:100名

◆内容
・農研機構メッシュ農業気象データの概要紹介:佐々木華織(農研機構農業環境変動研究センター)
・農研機構メッシュ農業気象データのデモンストレーション:大野宏之(農研機構農業環境変動研究センター)
・農研機構メッシュ農業気象データ用モジュールの開発:根本学(農研機構北海道農業研究センター)
・農研機構メッシュ農業気象データ版牧草播種晩限日計算プログラムの開発:井上聡(農研機構北海道農業研究センター)

◆申し込み
 11月26日(月)までに参加申込書をメールまたはFAXで、申込書は「農研機構メッシュ農業気象データおよび同データを利用した牧草播種晩限日計算プログラム(新バージョン)」シンポジウムからダウンロード

シンポジウム事務局 農研機構北海道農業研究センター企画部産学連携室
FAX : 011-859-2178
メール : kita-semi@ml.affrc.go.jp

 

(関連記事)
「気候変動時代における農作物の安定生産」テーマに 土づくり研究会(18.11.07)
「災害に強い施設園芸づくり月間」を制定 農水省(18.10.31)
世界穀物戦略 食糧・水危機に備えよ(1)【柴田明夫・(株)資源・食糧問題研究所代表】(18.10.29)
【木本昌秀教授・東京大学大気海洋研究所副所長に聞く】異常な夏 今、地球は?(17.08.30)
気象グラフが簡単に 「アピネス」パワーアップ―JA全農の営農指導強化で(17.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ