左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台湾国際農業週開幕!2018年11月21日

一覧へ

 台湾(中華民国)の最新の農業と農業技術を世界にアピールする「台湾国際農業週」が昨年、一昨年に引き続き、台湾農業の中心地である南部台湾の高雄市で11月21日から開催されている。

開会式で成功を誓う主催者と来賓(写真)開会式で成功を誓う主催者と来賓

 

 今回で3回目となる本展示会は、前回よりも更に規模が大きくなり、高雄で最大規模の展示会となった。
 今年も「台湾国際漁業展」と同時開催し、合同でのオープニングイベント開催となった。
 今年は、昨年よりもさまざまな意味でパワーアップしており、日本の農林水産省にあたる台湾行政院農業委員会や地元・高雄市政府、そして開催にあたって努力してきた関係者の意気込みには熱いものがあった。
 主催団体である高雄市政府の蔡復進副市長は「台湾の農業には、さまざまな改善すべき問題があるのが現状。この展示会を通して、高雄のこれからの担い手となる、二代目の農家が色々なテクノロジーを学び、国際的な交流をすることで、問題点を改善し、台湾農業が発展するよう期待している」と挨拶し、今回の展示会への熱い想いを述べた。
 また、行政院の黄金城農業委員会副主任委員は、「台湾の農業・漁業は、世界中の人々にその品質の良さ・技術の高さを知られている。いま、台湾農業は『伝統的な農業』から、データテクノロジーのような技術を利用した『スマート農業』への方向性に進んでいる。以前は生産に重点を置いていたが、現在は農産物の物流技術の改善にも取り組んでいる。
 この展示会を通じて、多くの会社が交流し、農業・漁業のより一層のレベルアップとなることを願う」と語った。
 これらの考え方・方向性は、台湾政府の対外的な施策と同じ方向であり、国の予算を含めて官・民が一体となって、農業・漁業を積極的に発展させていこうという意気込みを感じられる。
 それを反映して、今回の「国際農業週」への出展は18カ国300以上の組織団体・計600のブースが設けられ、台湾で「一番大きな展示会」となった。

(関連記事)
台湾で最新の農業をテーマに国際的展示会「2018年台湾国際農業週」(18.10.15)
トロピカル農業は世界一 第2回台湾国際農業週をみて(17.11.24)
台湾の農業・農業技術を世界に発信 第2回台湾国際農業週始まる(17.11.10)
台湾農業の力を示す ―台湾 国際果実・野菜専門見本市2016―始まる(16.11.11)
活力あふれる台湾の農業 ――台湾国際果実・野菜見本市で感じたこと 台湾の農業事情(上)(16.11.27)
活力あふれる台湾の農業 ――台湾国際果実・野菜見本市で感じたこと 台湾の農業事情(下)(16.11.27)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る