農政 ニュース詳細

2019.02.15 
豚コレラ9例目 農場全体で封じ込め-愛知県一覧へ

 愛知県は2月14日、田原市で発生した国内9例目となる豚コレラについて、隣接する8戸16農場についても飼養豚を擬似患畜として殺処分を行うことを決めるなど、豚コレラを封じ込めるための新たな防疫措置の実施を決めた。

 愛知県では豊橋市で国内8例目が確認され、当該農場の系列農場である田原市の農場でも確認された。その後、隣接する農場を監視下においていたが、13日と14日に国内9例目(2戸3農場、約2300頭)が確認された。同農場は養豚団地となっており、ほかに6戸13農場、約1万2300頭飼養されていた。
 国の拡大疫学調査チームによる現地調査の結果、事務所、たい肥場、死体を保管する冷蔵庫、車両が共同で利用されていることが確認された。このため1つの農場にウイルスが侵入した場合に共同施設や共同車両から他の農場にウイルスが侵入する可能性が高いとして「1つの農場」として捉え飼養するすべての豚を殺処分、焼埋却することにし県が14日夕方から防疫措置を行っている。
 農林水産省によると隣接する農場で飼養されていた豚は豚コレラウイルスは陰性が確認された。しかし、潜伏期間であることなども考えられるとし養豚団地全体に防疫措置を実施することは「封じ込めをするうえで最善の措置」と判断したという。患畜の発生が確認されなくても隣接農場まで殺処分を行った例は平成22年の鳥インフルエンザ対策でも行われた。国の防疫指針に基づくもので農家には評価額100%の手当金が支払われる。
 農林水産省によると豚コレラの発生以来、養豚農家は飼養管理を徹底し慎重に豚の状態を観察しており、13日も疑い事例報告が4例あった。その結果、陰性と確認されている。今回の田原市の擬似患畜も農家による早期発見、報告があったことから対策につながったと指摘している。
 この養豚団地から半径10km圏内は出荷制限区域と設定されている。区域内には67施設、約10万頭が飼養されている。

 

(関連記事)
岐阜の豚コレラ 強毒株より低い病原性-農研機構(18.11.29)
野生イノシシ2頭から豚コレラ 侵入防止徹底を-農水省(18.09.19)
豚コレラ発生 殺処分など迅速な防疫措置へ-農水省(18.09.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ