農政 ニュース詳細

2019.04.05 
備蓄米 JAの判断で販売可能に-吉川農相一覧へ

 吉川農相は4月5日の閣議後記者会見で備蓄米の運用について、4月16日に行われる次回の入札からJAなどに出荷された主食用米からJAの判断で備蓄米に販売できるよう改善することを明らかにした。

 3日に開催された自民党の農業基本政策検討委員会では、備蓄米として販売するかどうかは個々の農業者の同意を得ることが必要でそこに大変苦労しているため、「一括集荷した米のなかからJAの判断で備蓄米に入札できるように変えてもらえないか」との意見が出た。
 吉川農相は会見で「農水省としては議論をふまえて次回、4月16日の第5回の入札から、個々の合意を得ずともJA等に出荷された主食用米のなかから、JA等の判断で備蓄米として販売することができるようにしたい」と運用改善することを明らかにした。
 また、「今後とも備蓄米の推進も含めて需要に応じた生産販売が行われるよう当省としても関係団体を連携して各産地に直接出向いて、今回の見直しの周知やきめ細かな情報の提供等にもさらに取り組んでいく」と述べた。
 31年産の政府備蓄米は20万9000tを買い入れる予定。第4回までの入札では落札数量は約14万tで6万tが残っている。

 

(関連記事)
備蓄米確保へ運用改善検討-農水省(19.04.04)
実需と結びつき生産を 備蓄米で手取り確保も 福島一・農水省農産企画課長(19.03.26)
需要を見極め米生産を(19.03.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ