農政 ニュース詳細

2019.08.22 
日米閣僚協議始まる 「期限ありきではない」自民・森山氏クギ一覧へ

 日米貿易交渉が、8月21日から米国ワシントンで茂木敏光大臣とライトハイザー通商代表との閣僚協議で始まった。これに先立ち、20日、自民党はTPP・日EU・日米TAG等経済協定対策本部とTPP交渉における国益を守り抜く会の合同会議を開き、森山裕本部長は「われわれとしては合意の期限ありきではない。大事なことは日米共同声明に沿ったかたちで妥結させなければならないということだ」と強調した。

日米閣僚協議始まる20日の自民党の会合。森山本部長は「期限ありきではない」と強調した

 複数の報道によると、21日の会合は米国ワシントンのUSTRで5時間行われ、早期に成果を実現するため作業を加速させることで一致した。茂木大臣は国益をかけた交渉だから非常に難しいと述べる一方、大詰めを迎えつつあるとの認識も示した。

 20日の自民党の会合で交渉を担当している内閣官房TPP等政府対策本部の澁谷和久政策調整統括官は、これまでの事務レベル協議で「議論はだいぶかみ合ってきた」と進展を認めつつも、「まったく予断を許さない。難しい案件はほぼ手つかずで残っている」との話した。
 農業分野では、TPP協定でアメリカの参加を前提として合意した乳製品をはじめとする33品目の低関税輸入枠が焦点のひとつ。日米協議で米国枠を新設すれば、昨年9月の共同声明でTPP水準の譲歩が最大限とする合意に反することになる。同様に牛肉のセーフガードの発動水準も米国の参加を前提とした水準で決めている。こうした点について澁谷政策調整統括官は「TPPと同じ対応を日米協定で行うのは難しい」と述べて米国に理解を求めているとした。
 また、米国は交渉では農業を先行させ、日本から自動車の関税引き下げを迫られるなど工業は後回しにしたいという思惑があるが、「バランスのとれた内容でなければ国会を通らないこと」を米国にも強調しており、農産品だけ一方的に譲歩することはあり得ないと強調した。
 ワシントンでの閣僚協議は3日間予定されているといい、週末に開催されるフランスでのG7サミットでの日米首脳会談も念頭に協議されるとみられる。米国は9月下旬の国連総会での首脳会談で一定の合意を得たい考え。
 20日の自民党の会合では「ウィンウィンとなる交渉は重要だが、農家は農業がバーターになる(犠牲になる)のではないかという不安がある。一歩も譲ることができないという意志で臨んでほしい」という声も出た。

(関連記事)
TPP以上 断固認めず-日米貿易交渉で自民対策本部(19.08.19)
・【与野党の政策責任者に聞く:どう進める? 今後の農政】野村哲郎自民党農林部会長(19.08.08)
立憲民主党・亀井亜紀子農林水産部会長(19.08.20)
国民民主党・玉木雄一郎代表(19.08.19)
日本共産党 紙智子農林・漁民局長(19.08.21)
【クローズアップ】日米通商交渉 とめどなき譲歩への第一歩(19.04.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ