農政 ニュース詳細

2019.11.14 
国産砂糖を支える仕組みで特別展示 農水省一覧へ

 砂糖は私たちが生活する上で欠かすことの出来ない食品であり、日本の食料自給率の維持にも大きく寄与している。ひと口に砂糖といっても、その形、色、風味もさまざまだ。
 農林水産省「消費者の部屋」は、「太陽と大地の恵み砂糖〜日本の砂糖の安定供給を支える仕組み〜」と題する特別展示を、11月18日〜22日に行い、バラエティ豊富な砂糖とその特性を紹介するとともに、原料のサトウキビやてん菜が地域経済や雇用などを支えていることを紹介する。

 この特別展示では、砂糖を購入することで、甘味資源作物生産農家や国内産糖の製造工場を支援することにつながる価格調整制度の仕組みが分かりやすく紹介されており、制度への理解を深めることができる。

 また、「わた菓子作り体験」(毎日、12時~13時)、「プレゼント」(数量に限りあり)もある。
 展示の概要はつぎのとおり。
▽日時:11月18日(月)~22日(金)10時~17時。ただし、18日は12時から、22日は13時まで。
▽会場:農林水産省北別館1階「消費者の部屋」
(〒100−8950 東京都千代田区霞が関1−2−1)
▽問い合わせ先:
 農林水産省「消費者の部屋」 電話03−3591−6529

特別展示のチラシ

特別展示のチラシ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ