想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アフターコロナ社会へ7つの提案「生物多様性の日」に発表 日本自然保護協会2020年5月22日

一覧へ

日本自然保護協会(NACS-J)は、5月22日の「国際生物多様性の日」にあたり、コロナ危機が収束した後の社会を見据えて「アフターコロナ社会への7つの提案~ ”One Health” 自然と人間がともに健康になる新たな社会の構築に向けて~」を発表した。

アフターコロナ社会へ7つの提案

新型コロナウイルス感染症の発生と感染拡大の背景には、世界が抱える気候変動、生物多様性の損失、大量生産大量消費のライフスタイル、食料やエネルギーなどの課題がある。今後、社会と経済復興のために巨額の投資が予想される中、同協会は「新型コロナ危機の温床となった社会」に再び戻ってはいけないと訴える。
今年の国際生物多様性の日のテーマは「解決の鍵は自然の中に」。このテーマの通り同協会は、コロナ危機によって得られた学びをもとに、人と自然が共生するアフターコロナ社会に向けた7つの行動を提案している。

 
提案は以下の通り。

▽コロナ危機に立ち向かった人々を称え、市民社会の力を高めよう
▽コロナ危機の混乱を記録し、学び、次の社会に活かそう
▽今後の社会・経済の復興を、持続可能な社会の発展につなげよう
新たに生まれたライフスタイルの可能性を育てよう
▽エネルギー、食料、生活用品などを地域でまかなえる新たな社会を構築しよう
▽人と自然の新たな関係を構築しよう
▽未来のコロナ危機の発生と拡大の防止に世界全体で取り組もう

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る