想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食育活動の募集をスタート 第5回表彰-農林水産省2020年7月27日

一覧へ

農林水産省は7月21日、食育を推進する優れた取り組みを表彰する「食育活動表彰」の事例を募集すると発表した。食育推進に向けた様々な取り組みが応募できる同表彰制度は今回が5回目。今年10月末日で募集を締め切り、来年6月26日に表彰式を行う。

食育活動表彰ポスター食育活動表彰ポスター(クリックで拡大)

表彰は、都道府県や政令指定都市、大学等の長からの推薦に基づく「ボランティア部門」と、自薦ないしは他薦で応募できる「教育関係者・事業者部門」の2つ。前者は、(1)食育推進ボランティアとして活動している個人及び団体、(2)大学(短大含む)、高等専門学校及び専門学校の学生やその関連団体、(3)食生活改善推進員やその関連団体が、後者は(1)農林漁業者、(2)食品製造・販売、各種サービスの提供事業者、(3)教育・保育、介護その他の社会福祉、医療・保健業務に従事している個人や事業者、または団体、(4)地方公共団体(食育推進会議が設置されている場合は同会議)が募集対象となっている。


来年、岩手産業文化センター「アピオ」で開かれる食育推進全国大会(第16回)で表彰式が行われる予定で、「農林水産大臣賞」7点以内、「消費・安全局長賞」14点以内を選出する。


推薦方法は、農林水産省のホームページから専用の推薦調書をダウンロードして必要事項を記載。「第5回食育活動表彰運営事務局」(syokuiku@nta.co.jp)あてにEメールを送信するかCD-R等電子ファイルを郵送する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る