想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国20会場で説明会-インターネット販売推進事業事務局2020年7月30日

一覧へ

新型コロナウイルスの感染影響で売り上げが激減した国産7品目の生産者や団体を対象にした国産農林水産物等販売推進事業。その一環である「インターネット販売推進事業」に参加する生産者・団体などを対象とした説明会が近く開かれる予定で、8月4日(火)の東京会場を皮切りに、全国20会場で開催される。

全国20会場で説明会-インターネット販売推進事業事務局

対象7品目は、「和牛」「水産物」「野菜・果物」「茶」「花き」「そば」「ジビエ」。ウイルス感染を避ける目的でさまざまな活動の自粛や輸出の停滞を招くこととなり、そのことによる売り上げ減少が大きな課題になっている。

「インターネット販売推進事業」は、農林水産省による国産農林水産物等販売促進緊急対策事業の一環で行われるもので、対象品目の生産者や団体が国のスキームに沿ってインターネット販売を行った場合、その際に必要になる「送料」を国が補助する仕組みだ。

事業への参加にはECサイトへの登録が必要だが、登録方法や販売支援策の内容について対象農林水産物の出品検討者向け説明会が、北は北海道から南は沖縄まで9つのエリアで開催される。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る