Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

植物検疫をデザイン 「国際植物防疫年2020」の記念切手発行2020年8月7日

一覧へ

今年は「国際植物防疫年2020」。これを記念して日本郵便から記念切手が10月5日に発行される。海外旅行者が植物検疫を受ける一連の流れを切手のデザインで表現し、個人の買い物や、少量のおみやげでも検査が必要であることを分かりやすく伝える。

「国際植物防疫年2020」の記念切手「国際植物防疫年2020」の記念切手
(クリックで拡大)

植物由来が大部分を占める世界の食料の20~40%が植物病害虫の被害で失われていることから、国際連合は、病害虫のまん延防止の認識を世界的に高めることを目的に、2020年を「国際植物防疫年2020」と定めた。
日本でも海外旅行者の増加などにより、病害虫が侵入・まん延するリスクが高まっていることから、農林水産省は、その重要性を周知するため、国際植物防疫年2020に賛同する企業、団体等をオフィシャルサポーターとして認定し、連携した取り組みを進めている。

記念切手は、海外旅行者が果物や花などの植物を日本に持ち込む際の空港での検疫の様子から、家庭に届くまでの流れが親しみやすいデザインで、表現されている。

シートの1段目と2段目は、海外から帰国した旅行者が空港で手荷物を受け取る様子。3段目では、空港の植物検疫カウンターで、植物検疫官が渡航先国が発行した検査証明書を確認する様子が描かれている。また、4段目は、植物に病害虫が付着していないかどうかの検査の様子、5段目は、検査に合格した植物を家庭で楽しむ様子が描かれている。さらに、切手シートの余白にも、検査が必要な野菜や果物などの植物が文字入りでデザインされている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る