Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

キュウリ退緑黄化病を確認 特殊報発信 島根県2020年9月17日

一覧へ

島根県病害虫防除所は9月15日、県内で未発生だったキュウリ退緑黄化病の発生を確認したため、新病害発生情報として特殊報を発した。

タバココナジラミタバココナジラミ

平成20年に熊本県で初めて確認されて以降、これまでに20県が特殊法を発信している。中国地方では広島県と山口県で同病害を確認していたが、島根県での確認は今回が初めて。葉が黄化した株を県東部で発見し、島根県農業技術センターの解析でウリ類退緑黄化ウイルスを同定、キュウリ退緑黄化病であることが確認されたもの。

タバコジラミが媒介する病害の発病初期は葉に斑点が生じ、その斑点が次第に増加・癒合しながらまだらに黄化、拡大し、葉脈間の緑が抜けた黄化葉になる。

まだらに黄化した葉まだらに黄化した葉

黄化症状は丈の中位にある葉から下位の葉に現れやすく、生長点付近の若い葉には認められない。

定植直後から収穫終了時まで発生し、感染時期が早いほど草勢低下による減収率が上昇し、最大30%に達するとされる。

同ウイルスによる日本での病害は、キュウリ以外にもメロンやスイカでも報告があるという。

同病害が疑われる症状が発生している場合は同防除所への連絡を求めているが、ほ場で見つけたときは罹病株を抜き取り、ほ場外で焼却するか埋設処分を行って二次感染防止に努めることが重要だ。

施設栽培の場合、防虫ネットを張ってタバコジラミの侵入を防ぎ、栽培終了後は抜根あるいは地際部を切断した全ての株を10日間以上密閉して蒸し込んだりしながらタバコジラミを死滅させることとしている。

【島根県病害虫防除所】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る