想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トビイロウンカの坪枯れ増加を懸念 鳥取県病害虫防除所2020年9月29日

一覧へ

鳥取県病害虫防除所は9月25日、中生~晩生品種の栽培ほ場でトビイロウンカによる坪枯れが今後増える懸念があるため、注意を促す指導通知を発した。

県内の平たん部~山間部までを含む複数地域でトビイロウンカの坪枯れがすでに発生しており、今後、中生~晩生品種の栽培ほ場での増加が懸念される状況にあるため通知したもの。

トビイロウンカの坪枯れを今年初めて確認したのは9月第2半旬(6~10日)で、その後20日頃から急増し、25日現在、農薬登録されていなかったり、飛来したトビイロウンカに対する感受性が低下していたりする育苗箱施用剤を使用しているほ場、また出穂前後の防除を行っていないほ場を中心に坪枯れが発生している。

中生~晩生の品種で収穫まで2週間以上あるほ場の場合は、(1)坪枯れを確認したとき、または株の異常黄化など坪枯れの前兆を確認した場合は粉剤や水和剤などで直ちに防除、(2)農薬の使用基準の順守、(3)ウンカ類に高い防除効果を示す育苗箱使用剤をすでに使用している場合でも、効果が切れているとみて発生に十分注意する、(4)必要以上に早い落水は坪枯れの発生を助長するため適期に行う――などとした。

収穫まで2週間未満のほ場では、坪枯れやその前兆を発見した際、収穫適期の範囲内で速やかに収穫することとしている。

(関連記事)

【病害虫】ウンカ情報まとめ 

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る