想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トマトのコナジラミ類発生で防除対策紹介 愛知県2020年11月6日

一覧へ

愛知県農業総合試験場は11月2日、トマトのコナジラミ類情報を発表。今後の発生状況に注意し防除を促している。

タバコノミハムシ成虫タバココナジラミ(左:幼虫、右:成虫)

10月下旬の巡回調査において、コナジラミ類の成虫寄生枝率は4.8%(平年2.5%、前年8.1%)は過去10年と比較して3番目に高く、発生ほ場率は50.0%(平年27.0%、前年42.9%)と過去10年で最も高い状況となった。

名古屋地方気象台が10月29日に発表した1か月予報によると、向こう1か月の気温は平年並か高いと予測。この種の発生に好適な状況が続く可能性あるとして、ほ場での発生状況に注意を促している。

防除対策では、施設内への侵入を防ぐため、開口部に防虫ネット(目合い0.4mm以下)を展張する。併せて、ハウスにも被覆ビニールや防虫ネットに破損や隙間が無いか点検し、必要に応じて補修するよう呼びかけている。

トマト黄化葉巻病の発病株トマト黄化葉巻病の発病株

主な防除薬剤を参考に防除を徹底するとともに、薬剤抵抗性の発達を防ぐため、IRACコードが同じ薬剤を連続して使用することは避ける。花粉交配用昆虫を利用する場合は、影響日数に注意して農薬を選定する。

タバココナジラミはトマト黄化葉巻病の病原ウイルスを、コナジラミ類はトマト黄化病の病原ウイルスを媒介するため、ウイルスの発病株は見つけ次第抜き取り、適切に処分することとしている。

トマト黄化葉巻病については、耐病性品種であっても感染源となり得るため、感受性品種と同様に防除を行うよう注意を促している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る