Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米粉の輸出伸びる 前年比2.3倍増 農水省調査2020年12月8日

一覧へ

農林水産省によると米の輸出が伸びている。米国向けを中心に増加し数量ベースでは対前年同期増減率で2.3倍増えた。

米粉の輸出実績と、輸出先国内訳

2019(令和元)年は1月~10月期で81tで米国が58%ともっとも多く、次いでタイ(20%)、ドイツ(9%)、オランダ(9%)となっている。

今年の同時期は184tの輸出実績を上げ2.3倍に増えた。財務省の貿易統計によると同時期の米粉麺の輸出額は2000万円となっている。

米粉用米の生産は最近は減少傾向だったが、2016年(平成28)年の作付け面積3428haが、2019(令和元)年には5306haへと増加した。2020(令和2)年産は6346haと1000ha作付けが増え生産量は3万3000tが見込まれているが、需要量は拡大しており3万9000tと見通されている。

輸出は中小の製粉企業が取り組み、ノングルテン米粉認証を取得したり、無添加グルテンフリーヌードルとして輸出に積極的に取り組み始めた。また、JETROはオンライン商談イベントに出展し9事業者が日本産米粉、米粉製品のPR商談を実施した。JFOODOは米国、フランス、ドイツを対象にオンラインでのワークショップ、商談会で日本産米粉の特徴やベーカリー向けのレシピ配布などを通じて認知を高める取り組みをしている。とくにEコマースによる食品購入が増えるなか、それを活用した輸出拡大が重要になっている。米国では2017年に約47兆円だったEC市場が2021年には約81兆円と4年で1.7倍に拡大すると見込まれている。

米粉については日本米粉協会がノングルテン米粉製品の第3者認証制度の運用を開始してノングルテン米粉向上の認証に取り組む。現在、3社が認証を取得し現在、4社が審査中となっている。

ノングルテン米粉認証マークはサンプル検査でグルテン含有が1ppm以下であることと、工場での安定生産が確認された米粉に付与される。

世界のグルテンフリー市場は米国や欧州を中心に順調に拡大しており2024年には約100億ドルに達する見込みとなっている。日本は輸出拡大に向けて今年10月に「ノングルテン米粉の製造工程管理JAS」を制定した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る