BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

ゲノム編集トマト 家庭菜園向けに苗を提供-筑波大・サナテックシード2020年12月14日

一覧へ

わが国初のゲノム編集食品としてGABA含有量を高めたトマトの届出が12月11日に厚生労働省、農林水産省への届出が受理された筑波大学とサナテックシード(株)は同日記者会見を開き、開発の経過と今後の販売予定などについて明らかにした。

記者会見する江面教授(左)と竹下会長記者会見する江面教授(左)と竹下会長

開発した筑波大学つくば機能植物イノベーションセンター研究センター長の江面浩教授は、2005年からトマトにストレスを加えることで高GABAになることに着目して研究を始め、15年から今年のノーベル化学賞を受賞したゲノム編集技術、クリスパー・キャスナイン(CRISPR/Cas9)を利用して高GABA(ギャバ)トマトを開発した。

ギャバはガンマ-アミノ酪酸の略称でストレス緩和効果や血圧上昇抑制効果が期待されている。

このトマトを商業化するために18年に筑波大学発ベンチャーとしてサナテックシード(株)を設立した。同社はパイオニアエコサイエンスが95%出資し同社社長の竹下達夫氏が会長に就任した。

トマトはもともとギャバを合成する酵素を持っているが、その生成を自己抑制する機構もあり、江面教授は抑制に働く塩基配列をゲノム編集で切断したところ、トマト果実のギャバの蓄積が高まった。

この成果をもとにサナテックシード社は「シシリアンルージュ」でギャバの含有量を高めた系統(♯87-17)を開発した。同社によるとゲノム編集前の個体とくらべてギャバの含有量は5~6倍だという。今後はこの株を親として別の系統と掛け合わせてF1として種子を販売する予定。

江面教授は高血圧症に効果が期待できるなど「食生活を通じて健康になることに貢献できる」と話す。

届出にあたっては事前に厚労省や農水省と相談し安全性に問題がないかデータを提出してきた。厚労省には食品として、農水省には規格外トマトが飼料として利用される可能性もあるため飼料としての安全性の確認もした。また、環境省などは生物多様性への影響がないことも確認したうえで届出を受理した。

同社は今後、家庭菜園で野菜などをつくっている消費者向けに苗を無償で提供する。年末から種子を生産し5月から6月に応募者のもとに届ける。募集はすでにパイオニアエコサイエンス社のホームページで受け付けている。竹下会長は「栽培状況やこのトマトへの評価などを情報収集し、ゲノム編集農産物をきちんと認知してもらいたい」と話す。また、今回販売する苗やと今後、市場に流通する果実には専用の袋などを用意しゲノム編集食品であることと国に届出済みであることを表示する。種子を購入する生産者には出荷の際にはこれを利用することを条件とする方針だ。来年の秋には生産者向けの種子販売も始める見込みで2022年の春にはゲノム編集よる高ギャバトマトが市販されることもある。

江面教授は今後について、シシリアンルージュ以外の品種での高ギャバトマトの開発や、高栄養価とともに、受粉作業が不要となる単為結実遺伝子に着目した品種など、複数の特性を持つゲノム編集なども検討していきたいと話した。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る