Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ファイトプラズマによるトマト萎黄病を初確認 愛媛県2021年3月2日

一覧へ

愛媛県病害虫防除所は2月26日、県内初のファイトプラズマによるトマト萎黄病の発生を確認し、病害虫防除技術情報第6号を発令した。

新葉の叢生症状新葉の叢生症状

10月に伊予市の促成栽培のミニトマトで、萎黄叢生症状を示す株を確認した。その株をウイルスおよびファイトプラズマによるものと推定し、神戸植物防疫所に同定を依頼した結果、病原菌のCandidatus Phytoplasma asterisによる感染が確認され、トマト萎黄病と同定された。

脇芽の黄化症状脇芽の黄化症状

ファイトプラズマによる県内の発生事例はこれまでリンドウてんぐ巣病、レタス萎黄病、アネモネてんぐ巣病を確認しているが、トマトでの発生は県内で初確認となる。診断サンプル採取時の施設内での発生は1株のみで、その後ほ場内で新たな発生は確認されていない。

ファイトプラズマは師管組織に局在し、葉の黄化や萎縮、叢生症状を引き起こす。この病はヒメフタテンヨコバイで媒介され、宿主植物としてナデシコ、レタス、タマネギ、ネギ、ホウレンソウ、ナス、トマト、ニンジンなど、これまで13種32科で発病が報告されている。

防除対策では、発病株の早期発見に努め、感染が疑われる株は直ちに処分する。近年では県内において、媒介者のヨコバイ類の発生が少ないことから、この虫に対する新たな防除対応は必要ないとの考えを示している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る