Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ネギ・タマネギのべと病多発で注意報 京都府2021年4月19日

一覧へ

京都府病害虫防除所は、府内全域のネギ・タマネギでべと病の発生量が例年に比べ多いことから、4月15日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

ネギ・タマネギのべと病多発で注意報 京都府べと病の被害葉

京都府農林センター環境部が実施しているネギベと病の発生調査(1ほ場あたり100株)では、4月14日時点で南丹地域の発病株率2.6%、発生ほ場率44.4%、山城地域では同5.2%、同57.5%と非常に高くなっている。

同環境部では、4月のネギ病害虫巡回調査でネギべと病の発生を確認。これまで、4月に発生を確認した年は、5月にかけてこの病は多発した2016年以来となる。

防除対策では、平均気温が15~20℃前後で、降雨の多いときに多発するため、曇雨天が続く場合は発生に注意する。ほ場の水はけの悪い箇所からこの病が発生しやすくなるため、排水に努めるよう注意を呼びかけている。

発病前や発生初期から定期的に登録のある殺菌剤を散布し、まん延(二次伝染)防止に努める。使用薬剤は、異なる系統のものを用い、同一系統の薬剤の連用は避ける。

翌年の発生源となる被害葉は、収穫後にほ場外に持ち出し、土中深くに埋めて処分するよう促している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る