Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

イチゴ炭疽病の防除徹底を 佐賀県2021年5月26日

一覧へ

佐賀県農業技術防除センターは、例年に比べ早い梅雨入りで、気温が高い降雨日が続き、イチゴ炭疽病の分生子の飛散リスクが高まっていることを受け、5月24日に病害虫対策資料第3号を発表。感染株から周辺株への伝染リスクを減らす対策の徹底を呼びかけている。

葉の汚斑状病斑 (左)、ランナーの黒色病斑葉の汚斑状病斑 (左)、ランナーの黒色病斑

炭疽病は苗では、葉に汚斑状の小斑点(直径2~3mm程度)、ランナー・葉柄には黒色病斑が発生する。クラウン部が侵されると、株の生育抑制や新葉のつやがなくなる等の症状がみられた後、全身的な萎凋症状を経て、最終的には枯死する。

防除対策は次のとおり。

〇耕種的防除
・寒冷紗展張よりも、発病抑制効果が著しく高いビニル雨よけ下で育苗を行う
・苗は十分な間隔を置いて並べて通風を図り、過度の灌水は控える。
・伝染源となる発病した株は、隣接する株も含め早急に除去、処分する。

〇薬剤防除
・薬剤防除は、感染前散布の防除効果が高いため、降雨前の予防散布を基本とする。
・散布間隔は、ビニル雨よけほ場では約10日間隔、すでに発病が見られるほ場やビニル雨よけを行っていないほ場では、散布間隔を短縮する。
・薬剤感受性の低下を防ぐため、異なる系統の薬剤を組み合わせてローテーション散布を行う。
・薬剤は、地際のクラウン周辺部に届くよう、十分量を散布する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る