JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

スイカ炭腐病を道内で初確認 北海道2021年8月17日

一覧へ

北海道病害虫防除所は8月11日、道内で初めてスイカ炭腐病を確認したことを受け、特殊報第1号を発令した。

スイカ炭腐病が発生した株(写真提供:北海道病害虫防除所)

スイカ炭腐病が発生した株(写真提供:北海道病害虫防除所)

6月上旬に上川地方の複数ほ場で、収獲間際のスイカの株が急激に枯れ上がる症状が発見された。維管束の褐変やヤニの噴出などは確認されなかったことから、つる割病やつる枯病は疑われなかったが、抜き取ると根が褐変腐敗し、一部に黒点がみられた。

上川農業試験場で、発生株の根から病原菌の分離を行ったところ、培地表面に微小菌核を形成するため、菌そうが黒色となる糸状菌が分離された。この分離菌の形態的特徴と塩基配列解析の結果、スイカ炭腐病菌と同定された。

この病は、糸状菌の一種マクロフォミナ・ファゼオリナによって引き起こされる土壌伝染性病害。感染した作物は、収穫間際に地上部の急激なしおれや枯死症状を発症し、果実の収穫が著しく減少する。

また病原菌は多犯性で、スイカをはじめとするウリ科だけでなく、マメ科やキク科、ヒルガオ科など約300種に寄生性があるとされている。
この病は1997年に長野県のスイカで確認されており、ウリ科野菜での炭腐病の発生は国内で初確認となった。同じ病原菌による他作物での炭腐病も含めると、全国的に発生が確認されているが、ウリ科作物ではホモプシス根腐病との混発が問題となっている。防除対策は次のとおり。

〈防除対策〉
○スイカ炭腐病に対する登録農薬は無い。また、宿主範囲が広いため安易な転作や連作を避ける。

○発生ほ場では宿主作物の栽培を避ける。
○被害株や収穫後の残渣は根ごと抜き取り、ほ場外に持ち出し、適切に処分する。

○機械類や長靴などを使用後は、土壌の移動に注意し、作業終了後に洗浄を行う。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る