人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

資材高騰で苦境の農家支援を 福島県矢吹町がCFで呼びかけ 全国から応援メッセージ2022年12月27日

一覧へ

さまざまな資材高騰で厳しい経営に直面する農家を支援しようと、福島県矢吹町は、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングで広く寄附を呼び掛けている。すでに目標額の3分の1の100万円が寄せられ、応援メッセージも続々と寄せられている。同町は「農家の現状を知っていただくとともに、米や牛肉などを食べていただく消費拡大という面でも支援してほしい」と呼びかけている。

福島県矢吹朝のクラウドファンディング.jpg

幅広く農家への支援を呼び掛け(福島県矢吹町のホームページより)

同町では、町内の半分以上を農地が占め、約700戸が農業を営んでいるが、肥料や飼料など農業資材が2倍以上に高騰しているものもあり、農家から経営が厳しいとの声が相次いで寄せられているという。こうした中、農家の厳しい現状を伝えるとともに、広く農家を支援してもらおうと、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングを実施することにしたという。

寄付の募集期間は今月9日から来年3月8日までの90日間で、目標金額は300万円に設定。ふるさと納税制度で応援する場合の返礼品として、地元の農家が生産したコシヒカリや福島牛サーロインステーキ、野菜の詰め合わせ、牛乳など現在、16品がラインナップされている。

12月27日までに寄せられた寄付は100万円に達し、クラウドファンディングのページには、「大変な状況の中で、美味しい野菜や牛乳づくりを続けてくださることに感謝しています。わずかですが支援させてください」「東日本大震災の風評被害に始まり、福島の農家さんは言葉に言い表せないくらいご苦労なさっていると思います。僅かながらですが、応援させてください」などと寄せられた応援メッセージも次々と掲載されている。

同町は、集まった寄附と同町の予算を活用して、町内の農家が使う農業関連資材の補助に役立てることにしている。同町は「農家の厳しい現状を知ってもらうとともに、全国の農家が救われるよう、米や野菜を食べる消費を拡大する面でも支援していただければと思う。年末年始はふるさと納税制度の活用が増える時期でもあるので、支援していただけれありがたい」と話している。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る