Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

「TPP以上」 米農務長官 TAG無視【梶井功・東京農工大名誉教授】2018年10月16日

一覧へ

 米国農務長官パーデュー氏の日米物品協定(TAG)に関しての10月4日の次の発言「日本がEUに与えたものと同等か、それ以上の市場開放を期待する。」「米国の目標は、原則TPPプラスになる」が、日本の関係者との間に大きな対立を生むことになっている。
 というのは、日米TAG交渉開始を承認したその日に出された日米首脳共同声明(もちろん安倍総理も主役の一人)には、"TAGは日米双方の利益になることを目指す"ものであり、"両国は他方の立場を尊重する"と明記、それに日本側が農林水産省について"過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの譲許内容が最大限"との方針を盛り込んだものとなっているのを、日本の関係者は熟知しており、パーデュー長官の発言がこの共同声明の趣旨と全くちがうことに直ちに気づいたからである。
 パーデュー氏の発言が報告されたその後の会議で、閣僚からは、これを拒否するとの発言が相次いだ(10.6付日本農業新聞)そうだが、政府の対応策はまだ明らかにされていない。これでいいのだろうか。
 "パーデュー氏の発言は、11月の米中間選挙に向けて農業団体へのアピールを狙ったもの"だと10.6付日本農業新聞は解説していた。アメリカは入っていないTPP11や日EU・EPAなどの発効で、米国の農業団体は、"対日輸出に不利になるとしてトランプ政権に不満を強めている"からである。
 とすれば、"米国がちらつかせる自動車などへの追加関税の発動をひとまず回避する代わりに、2国間交渉入りに引きずり込まれた格好で"(10.3付農業共済新聞)始まった今回の日米TAGそのものがこわれていいんだという気が発言者にはあったとしていいだろう。政府に求められているのはその対応である。が、自動車のために安易に農産物が見捨てられることがあってはならぬこというまでもない。

 

(関連記事)
<日米共同声明 全文和訳>
TAGはどこにいる? 日米共同声明全文を和訳し比較する(1)

 

(最近掲載された本特集記事)
これはまごうことなき日米FTAだ【日本共産党・志位和夫委員長】
国民と農家の未来、だまし言葉でつぶすな【吉川はじめ・社民党幹事長】
自民党に反旗も【畠山勝一・JA秋田しんせい代表理事組合長】
再度、反対の意思結集を【菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る