左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

除草剤「ピロキサスルホン」 米国で大豆の登録取得2013年3月1日

一覧へ

 クミアイ化学工業の除草剤「ピロキサスルホン」は、2月27日付けで米国で大豆への農薬登録を取得した。

 「ピロキサスルホン」は同社開発の畑作用除草剤だ。2011年に豪州で小麦、12年に米国でトウモロコシの農薬登録を取得した。また、12年12月にはカナダでトウモロコシ、13年2月には南アフリカで小麦と、同社の成長戦略の柱となる基幹製品として、海外での登録取得を拡大している。
 米国では、BASF社が単剤の「ZIDUA」、混合剤ではベーラント社「Fierce」、FMC社「Anthem」の計3剤が上市されている。今回、大豆への登録を取得したのは単剤のみだが、まもなく混合剤の登録も取得する見込みで、さらに小麦、棉への登録も申請中だ。米国ではトウモロコシ、大豆用の除草剤としては主に「ラウンドアップ」が利用されているが、これへの抵抗性を持つ雑草が近年報告されている。ピロキサスルホンはこうした抵抗性雑草へも優れた効果を持つため、今回の大豆への登録取得を機にさらなる販売増加を見込んでおり、現在の米国での販売額7億円から30億円にまでのばす目標だ。
 ピロキサスルホンは今後も南米、欧州、アジアでも開発を進めており、将来的には世界市場で300億円の売り上げをめざしている。

(関連記事)
【農薬登録情報】 1月30日付 新たに9剤が登録取得 (2013.02.01)

【人事速報・機構改革】 クミアイ化学工業 (1月30日付) (2013.01.31)

米国に研究開発の拠点新設 クミアイ化学工業 (2013.01.08)

国内の農薬販売好調で増収増益 クミアイ化学工業 (2012.12.20)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る