Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

減収でも過去最高の増益 デンカ平成28年3月期決算発表2016年5月12日

一覧へ

 デンカ(株)は5月11日、平成28年3月期の連結決算を発表した。売上高は前期比3.7%減の3698億5300万円だったが、営業利益、経常利益、純利益とも、過去最高の増収となった。

決算概要を説明する吉高社長 化学工業界では、円安の継続、ナフサ等原材料価格の下落により、企業収益は堅調だった。
 同社グループは、コスト削減や業容の拡大、収益の確保に注力してきたが、原材料価格の下落に伴い、販売価格を見直したこともあり、連結売上高は3698億5300万円(前年同期比3.7%減)の減収
となった。
 収益面では、円安による輸出製品の手取増や、原燃料価格の下落による樹脂、加工製品の採算改善、インフルエンザワクチンの増益もあり、営業利益は306億3400万円(前年同期比27.4%増)、経常利益は270億2200万円(同11.3%増)、当期純利益は194億7200万円(同2.4%増)となり、それぞれ過去最高益を更新した。
 デンカ(株)は先般、経営計画「Denka100」を策定、その数値目標では、2015年に達成した営業利益306億円を、近い将来600億円まで拡大させようとしている。その拡大戦略の柱となる事業が「健康関連事業」だ。
 新規ワクチン、ガン治療薬、ピロリ菌等検査試薬の開発や、ヒアルロン酸事業の拡大などであり、これまで主力の基盤事業や、環境エネルギー事業よりも大きな事業に育てていく方針だ。
 デンカは業態も含め、大きく変わり始めている。
(写真)決算概要を説明する吉高社長
※吉高氏の「高」の字は正式には旧字体です。

今日のニュースへ戻る

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る