農薬 ニュース詳細

2019.11.13 
売上高3.3%増 日本農薬19年9月期決算一覧へ

 日本農薬は11月12日、2019年9月期の決算短信を発表した。
 

 今期を初年度とする中期経営計画に取り組み、収益性の向上とグループ力強化をめざすなか、連結会計年度における同社グループの売上高は632億6000万円で前期比20億4700万円増の同3.3%増となった。営業利益は33億1800万円で前期比8億5400万円減の同20.5%減。経常利益は29億8400万円で前期比6億6700万円減の同18.3%減。親会社株主に帰属する当期純利益は特別利益として親会社株式売却益を計上したこともあり、26億8400万円で前期比1億7600万円増、同7.1%増となった。

 部門別の農薬事業で国内農薬販売は、新製品3剤の販売を開始し品目ポートフォリオの拡充を図るとともに、前期に販売を始めた園芸用殺菌剤「パレード」など主力自社開発品目の普及拡販に努めた。しかし、一部品目の取り扱い中止や流通在庫の影響などから国内販売全体の売上高は前期を下回った。
 海外農薬販売は、ブラジル市場の需要回復を受け、Sipcam Nichino Brasil S.A.の売上高が前期を上回った。一方、アジアの主要販売国である中国では病害虫の小発生や流通在庫の影響などから販売が伸び悩んだ。さらに、モンスーンの到来が遅れたインドは作付けの遅れなどから農薬需要が低迷し、Nichino India Pvt.Ltd.の売上高が伸び悩んだ。これらの結果、海外販売全体の売上高は前期を下回った。
 なお、園芸用殺虫剤「コルト」は、昨年11月に米国食用登録を取得し、Nichino America,Inc.より本分野での販売を開始した。
 ノウハウ技術料収入は、技術導出先による同社開発品目の販売が好調に推移したことなどから前期を上回った。
 農薬事業の売上高は573億9500万円で前期比18億9100万円増、同3.4%増。営業利益は24億4400万円で前期比9億5100万円減、同28.0%減となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ