農薬 ニュース詳細

2020.02.14 
売上高0.6%増 2020年3月期第1四半期決算短信 日本農薬一覧へ

 日本農薬は2月13日、2020年3月期の決算短信を発表した。

 第1四半期の業績は、中核事業である農薬事業が不需要期にあたる季節的要因から売上高、利益とも低い水準に止まった。

 同第1四半期連結累計期間の売上高は、116億8300万円で前年同期比7400万円増、同0.6%増となった。

 利益面では、営業利益は1億9200万円で前年同期比4300万円増。経常利益は、3億4500万円で前年同期比1億9500万円減となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は1億7000万円で前年同期比3100万円増となった。

 部門別にみると農薬事業は、国内農薬販売では、水稲用殺菌剤「ブイゲット」を始めとする自社開発品目の普及拡販に努めたが、昨年相次いだ自然災害に起因する流通在庫の影響などから売上高は前年同期を下回った。

 海外農薬販売では、北米での販売が好調に推移。また、雨季後半の降雨など天候に恵まれたインドで販売が伸長した。一方、競争激化からブラジルでの販売が伸び悩んだ。

 これらの結果、農薬事業の売上高は102億7000万円で前年同期比2億2800万円減、同2.2%減となった。営業利益は4億2100万円で前年同期比9900万円減。

 農薬以外の化学品事業では、シロアリ薬剤の販売が堅調に推移。医薬品事業では、外用抗真菌剤「ラノコナゾール」と「ルリコナゾール」の売上高が伸長した。これらの結果、農薬以外の化学品事業の売上高は9億600万円で前年同期比1億6400万円増、同22.2%増。営業利益は3億400万円で前年同期比9000万円増、同42.6%増となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ